高校の衛生看護学科

看護師になるためには看護学科のある大学や専門学校へ行って資格を取らなければいけません。その中で一部の高校にも衛生看護学科があるのを知っていますか?

高校の衛生看護学科は高校の普通科や体育科、家政科など同じような高校課程の一部です。ですので通常と同じ高校3年間の中で国語や数学、英語、公民、体育などの一般的な科目とは別に看護の専門科目の単位を取るようになっています。

高校生活はとても忙しく大変ですが看護師に最短で合格することができます。ただし、高校の衛生看護学科では卒業時に准看護師の都道府県知事試験しか受けることができません。正看護師になる国家試験は受けられないのです。しかし、准看護師の試験に合格をすれば、卒業後すぐに准看護師として働くことができますし、専攻科という進路に進むこともできます。

この専攻科というのは専門学校の一部や短大、大学に設けられているもので2年間で正看護師の国家試験を受ける資格を得ることができます。大学だと4年間、専門学校で3年間の看護学校ですので高校の衛生看護学科を卒業している方が早く正看護師になれるというわけです。

しかし、衛生看護学科は高校の3年間に通常の科目と共に看護の勉強をするのでかなり忙しくなり大変だといわれています。そんな中取得した准看護師の資格ですが、准看護師と正看護師では仕事の内容の違いや給料の差があるため、やはり高校卒業後に正看護師を目指して進学する人が多いようです。

また、病院で准看護師として働きながら正看護師になるべく勉強している方もいます。

高校3年間の勉強でほとんどの人が准看護師の資格を得ることができます。しかし近年では准看護師の制度を廃止するという動きも出てきているので、今後高校での衛生看護科が存続していくのかどうかも気になるところです。

現在は少子化ということもあり、一般的にも大学へ進学する人が多くなってきているので看護業界でも大学への進学を推奨する動きも出てきているようです。

メニュー

ページの先頭へ