子育てナースが不定期勤務しか出来ない場合の働き方

子育て中の看護師は、お子さまの病気にも敏感になります。 看護師と育児の両立はそうそう簡単ではないです。 お子さまが病気がちならば、毎日看護師として仕事をするのは難しいでしょう。

ここでは、子育てナースが不定期勤務しか出来ない場合の働き方について考えましょう。 「体調を崩しやすい」とか「よく熱を出す」など幼いお子さまをもつと心配が尽きないです。 命と向きあう責任のある看護師――だから自分のプライベートな都合で急に休んだり、早退するのはなかなか出来ないでしょう。

そんなケースは、定期的に勤務するのを思い切って諦めましょう。 不定期に勤務できる職場を選べば解決します。 近頃は看護師が様々な働き方を選択できます。

アルバイトや派遣で勤務できる看護師ならば、子どもの体調が不安定な場合でも不定期で働けます。 勤務時間も日勤が多いし、勤務時間も限定しているので肉体的負担も重くありません。 このパターンならば育児のみならず、家事との両立もできる自信がつくでしょう。

もちろんですが不定期であっても看護師の仕事をするのに変わりはありません。 責任をもって業務遂行をしましょう。 医療事故がないように看護師の仕事をしている時は集中しましょう。 あなたの行動に患者さまの全てがかかっているからです。

このような仕事はどのように探せばよいのでしょう。 不定期勤務ができる派遣やアルバイト看護師はハローワークでは求人がない場合が多いです。 一番よい方法は看護師専門の求人転職サイトを利用することです。 またはアルバイト情報誌や病院のウェブページも参考になります。

以上、子育てナースが不定期勤務しか出来ない場合の働き方について考えました。 これ以外には<訪問看護師>という道もあるでしょう。

患者さまのご自宅へ訪問して看護業務を行う看護師が訪問看護師です。 職場は病院ではなくて一般のご家庭です。 不定期な勤務でも比較的訪問看護師ならば問題も少ないでしょうから、検討の余地はあります。

メニュー

ページの先頭へ