病院以外に看護師の資格を活かせる場所とは

看護師の資格や看護師としての経験は、MR、ケアマネージャー、医療機器販売の会社など、病院以外の職場でも活かせます。 まず、介護業界では、看護師の有資格者が求められていますが、看護師資格はケアマネージャーの仕事に活かすこともできます。

ケアネージャーの仕事は、要介護認定を受けた方が、最適の介護サービスが受けられるように、ケアプランを作成することです。 ケアマネージャーにとって、医療のことは判断が難しいケースがたくさんありますが、看護師の経験がある方は、医療に詳しいため、利用者に最適なプランを即座に提案することができます。

また、看護師の経験がある方は、MR(医薬情報担当者)への転職にも有利です。 MRの仕事は、自社で開発した医薬品の情報を病院や診療所に提供することです。 近年は、MR認定証を持たない営業担当者には取り合わないという医療機関が多くなっています。

そのため、企業ではMR認定資格の取得を奨励しています。 看護師としての知識や経験は、資格取得だけではなく、営業活動にも活かせます。 例えば、新薬を売り込む際に、臨床経験がある方は、説得力のある説明ができるでしょう。

さらに、看護師としての経験は、医療機器の開発にも役立ちます。 医療現場では、必ず医療機器や器具を使用しますので、看護師としての経験があれば、医療機関ではどのような機器を求めているのかつかむことができるでしょう。

このほかにも、看護師の経験がある方は、サービス業や工場の商品管理職など、さまざまな職種でも求められています。というのは、看護師経験者は気配りができること、コミュニケーション能力が高いことが高く評価されているからです。

そのため、講師、トレーナー、アドバイザーなどにも看護師の経験が役立つかもしれません。 このように、看護師経験がある方は、病院以外にもさまざまな分野で求められていますので、転職を考えているのであれば、病院以外の様々な職種についても検討してみてはいかがでしょうか。

メニュー

ページの先頭へ