透析看護師の仕事の現状は?

「何かの診療科目での臨床経験があれば透析の業務で有利なのか?」 そんな疑問を持ちながら透析業務に興味を持っている看護師もいるでしょう。 ここでは、透析業務に従事する透析看護師の現状はどうなのかをご説明いたします。
准看護師と正看護師の違いって何?

【穿刺・抜針・止血】が透析業務での中心になります。 とりわけ穿刺業務は透析患者様との信頼関係を保つ大切な仕事です。 有利なのは穿刺をたくさん経験できる診療科目でしょう。 外来業務の場合は穿刺を経験するケースは少ないと思います。 外来以外の看護業務で経験を積んでいるほうが有利でしょう。

穿刺・抜針・止血以外でも【透析患者様への指導やアドバイス】も大切な業務です。 外来よりも入院病棟業務の方がひとりの患者様に対しての時間も増えます。 マンツーマンの対応方法や患者様への接し方の経験ができる可能性が高いでしょう。

ネットでの書き込みを参考にしてみると、さまざまな診療科目から透析業務へ移ってきている看護師たちも多いです。 透析業務は確かに他の診療科目と比較してみると異なる部分も多いです。 透析業務をしながらOJTによって覚えていくことになっています。

臨床経験が3年程度あれば採用してくるケースが多いようです。 また透析業務や臨床経験がなくても採用してくれる病院も多数あります。 透析に不安な看護師に対して研修制度を使って研修しながら透析業務を覚えさせる病院もあります。

他の診療科目の看護業務から透析業務をするケースでも透析の専門知識や研修を受けてキチンと勉強すれば対応できます。 穿刺・抜針・止血を豊富に経験していなくても患者様への健康管理などの指導経験がなくても透析看護はこなせます。

以上、透析業務に従事する看護師の現状はどうなのか――をご説明いたしました。 将来的には透析を受ける患者は増えると予想され、必然的にう透析室で仕事をする看護師のニーズは増えるでしょう。 穿刺・抜針・止血などの経験が豊富で健康指導のアドバイスができれば優遇されるでしょう。

メニュー

ページの先頭へ